歯医者 開業


歯医者 開業


歯医者を開業するには、相応の資金が必要です。開業資金調達の手段としては、自己所有の預貯金から捻出するほか、親族からの借り入れを行う方法もあります。一般的には金融機関からの融資を受けるケースが多いようです。金融機関からの借り入れでは、日本政策金融公庫、民間の金融機関、ノンバンク、自治体の制度融資などがあり、それぞれ利率、返済期間、借入限度額も異なります。借入総額、自己資金や担保の有無、保証人の有無等によっては金融機関が限定される場合があります。

資金調達の手段、特徴は入念に検討しなければならず、うまく資金を調達するためには各方法の特徴を熟知し、それぞれの条件に合致した金融機関を選定することが望ましいといえます。歯医者が新規開業する立地、および物件選定は大変重要であり、診療圏の調査とあわせて検討していきます。物件の形態は戸建やビルテナントとして開業する単独開業、ひとつのビルの各フロアーに複数の診療所が入っている医療ビル、医療モールのほか、近年ではショッピングモールに併設する形態もあります。
歯医者の種類は、一般歯科、小児歯科、矯正歯科、インプラント歯科、審美歯科などさまざまで、タイプに応じた物件形態、立地環境を選ぶことも大切です。治療、施術に必要な医療機器を揃える面でも、資金はかかります。リースや販売などを扱っている業者も多数ありますので、信用がおける商社とのつながりができると開業後も安心です。

開業時には保健所と社会保険事務所に開設届を申請する必要があるほか、診療に関わらない届出として、スタッフ採用時に労働基準監督所を通じて公共職業安定所に労災と雇用保険の設置届けを提出するなど、さまざまな届出があります。


▲ 歯医者 開業 ページTOP

開業(医院・歯科) 医師 開業 病院 開業 開業 医院 開業 クリニック 開業 歯科 歯医者 開業 税理士(医院・歯科) 税理士 医院 税理士 歯科

医科・歯科の開業サポートなら、渡瀬税理士事務所