医科・歯科の開業サポートなら、渡瀬税理士事務所


開業(医院・歯科)


近年、毎年のように続いている保険診療報酬のマイナス改定、患者の減少など、医院を開業する際の不安材料は、開業後の経営の難しさを物語っています。特に歯科は、医科に比べて、病院勤務医等の受け皿が少ないので、いずれは独立開業せざるをえないケースが多いようであり、開業にまつわる諸事は多くの歯科医の方の課題になるといえます。歯科医院開業の際の資金は、数千万円の資金が必要になります。開業にあたり、どのような診療を行い、どのような医院を作りたいのか、規模はどのくらいなのか等、ビジョンを明確に持って準備を進めていくことが大切です。まず開業場所や必要な資金を検討することになります。そしてこれから、開業、経営していく診療所の経営理念や診療方針をはっきりとあげていくことも必要です。歯科の場合、主な診療内容が何であるのかは明瞭にすべき事柄のひとつです。

一般歯科であるのか、あるいは矯正歯科であるのか、もしくはインプラント関連中心か、審美歯科である場合もあります。例えば審美歯科であれば、駅に近いモダンなビルで開業するなど、診療内容によって開業立地や必要資金も異なることでしょう。またテナント開業するか、土地や建物を購入して開業するかによっても資金は異なります。立地および敷地面積が定まり、病院の規模も見えてくると、ユニットやデジタルレントゲンなど用意する設備、その台数等も決めることができます。

設計事務所と建築について打合せを行い、事業計画や資金計画、等開業計画についても策定します。開業への取り組みにおいて、家族の理解と協力、相談相手となる大学の同輩、先輩等、周囲の方の協力を得ることも大変心強いことは言うまでもありません。資金準備やスタッフの募集、開業に関する広告等、用意することも多々ありますので、設計関連や税理士事務所、広告業者等、開業前から開業後も信頼して相談できる各方面の専門家からサポートを得られると良いでしょう。

開業(医院・歯科) 医師 開業 病院 開業 開業 医院 開業 クリニック 開業 歯科 歯医者 開業 税理士(医院・歯科) 税理士 医院 税理士 歯科


▲ ページTOP

医師 開業 東京 開業 医院 東京 開業 歯科 東京 税理士 医院 東京 医師 開業 新宿 開業 医院 渋谷 開業 歯科 池袋 税理士 医院 大崎

医科・歯科の開業サポートなら、渡瀬税理士事務所